« 閑山子LAB.にて、室鳩巣『駿台雑話』本文テキストが公開されています | メイン | 第12回(平成27年度)日本学術振興会賞に小山弓弦葉氏「『辻が花』の誕生──〈ことば〉と〈染織技法〉をめぐる文化資源学」 »

2015年12月20日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●敵機に油断禁物...戦時のラジオ放送、熊本の男性が録音(朝日新聞)【音声データあり】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【戦前や戦中に流れていたラジオ放送を熊本市の男性が録音していた。防空警報や戦闘の勝利を伝えるニュース、国民を鼓舞する演説......。「戦時下の雰囲気をいまの時代に伝えたい」。男性は、そんな思いで音源を熊本大学に提供した。

 《中部軍情報。敵の編隊11機は14時10分ごろ、潮岬に到達し、北に向かっております。阪神方面に向かうとすれば14時20分ごろ、(略)到達するものと思われます》】
つづきはこちらから。朝日新聞。
http://digital.asahi.com/articles/ASHDB7KJZHDBTLVB011.html


●グーグル提供広告