« 國學院大學院友学術振興会『新國學』復刊第7号(通巻11号) | メイン | 青山学院大学文学部の篠原 進氏(近世文学)が副学長に »

2015年12月16日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●益田勝実著『日本列島人の思想』(青土社)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

青土社さまからいただきました。

7917-6895-0.jpg

●公式サイトはこちら
http://www.seidosha.co.jp/index.php?9784791768950

日本列島人の思想

益田勝実 著 
201512刊/四六型上製/320頁
C0039 定価 本体2600円+税 
ISBN978-4-7917-6895-0

遥か昔の日本列島人はなぜ神を創造したのか。
比喩をもって語り、象徴の方法で思考する。彼らは何を見て、何を考え、何を語ってきたのか。神話を生みだす力と、さまざまな神話的想像を支える力はどのようにして生まれたのか。日本を代表する国文学者・益田勝実の、主要作品を網羅した古代学の決定版。オリジナル編集・単行本未収録作品も多数掲載! 解説=三浦佑之。

【目次】
序 火山列島で暮らしつづけるために

第一部 日本列島人の想像力
 第一章 神異の幻想
 第二章 再話・再創造のエネルギー
 第三章 秘儀の島--神話づくりの実態
 第四章 日本の神話的想像力--神話の文法
 第五章 モノ神襲来--たたり神信仰とその変質
第二部 神々の世界
第一部 日本列島人の想像力
 第一章 現代に潜むもの・はるかな昔
 第二章 文学史上の『古事記』
 第三章 神話と他界
 第四章 神々の愛--日本神話に見る
 第五章 殺戮--神々と人間の共業
 第六章 古代想像力の表現過程--わたくしの〈国文学〉
解題 今こそ、神話的想像力を 三浦佑之
初出一覧


●グーグル提供広告