« 『国語と国文学』平成27年12月号に、井上泰至『近世刊行軍書論 教訓・娯楽・考証』の書評が掲載されました(評・高橋圭一氏) | メイン | 県立広島大学・人間文化学部国際文化学科(日本文化論)准教授又は講師の公募(2016年01月12日 必着 17:00必着) »

2015年12月 2日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●Bunkamura ザ・ミュージアム「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」(2016年3月19日(土)〜6月5日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/16_kuniyoshi/
--------------------


テレビやグラビア雑誌がない江戸時代、浮世絵は歌舞伎スターのブロマイドであり、最新のエンターテインメントやファッションを伝える重要なメディアでした。
本展では世界に冠たる浮世絵コレクションで知られるボストン美術館より、幕末に絶大な人気を博した二人の天才浮世絵師、歌川国芳と歌川国貞の選りすぐりの作品で、江戸の世界を体感していただきます。

二人は兄弟弟子でありながらその作風は対照的で、国芳は豪快な武者絵と大胆な構図で、国貞は粋な美人画や緻密な表現で一世を風靡しました。江戸の「俺たち」 は国芳が描く任侠の世界に憧れ、物語のヒーローの姿に自らを重ねあわせ、粋で鉄火な美人に恋い焦がれたことでしょう。一方で「わたし」は、国貞が描くキラ キラ輝く歌舞伎役者に熱い思いを寄せ、美しい女性の艶姿に夢を馳せたのです。本展では、江戸の国芳・国貞ファンたちと現代の私たちに共通する心情を探りな がら、直感的に鑑賞できることを目指します。

開催期間
2016/3/19(土)-6/5(日)
※会期中無休

開館時間
10:00-19:00(入館は18:30まで)毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)

会場
Bunkamura ザ・ミュージアム

交通案内
電車の場合 / お車の場合

主催
Bunkamura、ボストン美術館、日本テレビ放送網、読売新聞社、BS日テレ

協賛・協力等
[協賛]
光村印刷
[協力]
日本航空、日本通運、CS日テレ、ラジオ日本、J-WAVE、文化放送、テレビ神奈川
[企画協力]
NTVインターナショナル
お問合せ
03-5777-8600(ハローダイヤル)


●グーグル提供広告