« 【小田原文学館】生誕130年記念交流特別展「北原白秋-詩人の見た風景-」(平成28年1月23日(土)~3月16日(水)) | メイン | 第1回 日本語の歴史的典籍国際研究集会 動画公開(一部)(国文学研究資料館)【寺沢憲吾、橋本雄太、北本朝展、永崎研宣の各氏の動画が公開に】 »

2015年12月29日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

● 「日本語の揚げ足をとる」作家、円城塔の本気の「ことば遊び」(WIRED 2015.12.28 MON)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【「日本語の揚げ足をとる」作家、円城塔の本気の「ことば遊び」

文学を通じてことばのイノヴェイションを考える4回シリーズ。第1回に登場していただくのは、その言語実験的な作品で知られる芥川賞作家・円城塔。物語そのものがプログラムのように作動する彼の作品は、読者を魅了してやまない。そんな彼がいま、"縛られた"日本語について思うこと。(『WIRED』VOL.19より転載)】
つづきはこちらから。WIRED。
https://wired.jp/2015/12/28/interview-toh-enjoh/


●グーグル提供広告