« 第5回 知識・芸術・文化情報学研究会(2016年2月6日(土)、立命館大阪梅田キャンパス(大阪梅田駅前)) | メイン | ポーラ ミュージアム アネックス・展覧会「祝いのよそほい」(2016年1月15日(金)〜2月21日(日)) »

2015年12月19日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●県立長野図書館 戦後70年特別企画Ⅱ「GIFT;子どもの世界が変わった時ー進駐軍とともにやってきた児童書と戦前・戦中・戦後ー」 (平成27年12月22日(火)~平成28年1月28日(木))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.library.pref.nagano.jp/kikaku_1512

--------------------

【ある月末蔵書整理日に、書庫中で児童図書を整理していた時のこと。ふと、古ぼけた薄い本が目に留まりました。そっと本棚から取り出してみると、英語のタイトルと美しい表紙。興味をそそられ中を開いてみると、そこには「GIFT:アメリカ文化センター」のスタンプが―。

そこから今回の企画展示は始まりました。

この「GIFT」と付いた本をきっかけに県立長野図書館の歴史を紐解いてみると、そこには戦後占領期に進駐軍が設置したCIE図書館(※)の活動や、教科書の歴史、戦前・戦後の子どもの本など、戦後70年の今、あの頃何が起こっていたのか改めて知っておくべきたくさんの事柄が見えてきました。

終戦によって子どもたちの世界にどのような「GIFT」がもたらされたのか、様々な角度から見つめなおしてみたいと思います。

(※)1945年(昭和20年)11月以降、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)の機関である民間情報教育局(CIE:Civil Information and Education Section)が全国23カ所に設置した図書館。】

1. 期  間
平成27年12月22日(火)~平成28年1月28日(木)

2. 展示場所
県立長野図書館 2階 一般図書室

3. 内  容
○長野CIE図書館の紹介
・パネル展示
・長野CIE図書館の蔵書であった『基礎科学教育叢書』(戦後の日本の理科教科書のモデル)や児童書の展示
○子どもの本の歴史
・戦前から戦後の児童書・児童雑誌(大正末期~昭和25年頃)
○連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)による検閲
・戦後の墨ぬり教科書や検閲を受けた児童書


●グーグル提供広告