日本比較文学会 関西支部・1月例会(2016年1月9日(土)、同志社今出川キャンパス クラーク記念館 2階 24番教室)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://hikakukansaishibu.blogspot.jp/2015/12/blog-post.html

——————–
日時:2016年1月9日(土) 午後2時半~5時半
会場:同志社今出川キャンパス クラーク記念館 2階 24番教室
【研究発表】
講 師: 佐野真由子(国際日本文化研究センター)
題 目: ラザフォード・オールコックと四つの博覧会
司 会: 稲賀繁美(国際日本文化研究センター)
【読書会】
書 籍: 佐伯順子『男の絆の比較文化史 桜と少年』
 (岩波書店、2015年)
〔内容紹介〕
 日本において”男の絆”は、中世の稚児物語、近世の浮世草子や歌舞伎、近現代の幸田露伴や福永武彦などの小説、そして現代の演劇、映画、漫画に至るまで、連綿と描き続けられてきたモチーフである。さまざまな日本の文化事象に加えて、ひろく海外文化からの影響をも視野に入れて、男同士の絆の表象の系譜をたどり、その背後にある社会的規範のメカニズム、ジェンダーの機能を鮮やかに読み解く。
司 会: 中直一(大阪大学)