たばこと塩の博物館「隅田川をめぐる文化と産業 ~浮世絵と写真でみる江戸・東京~」(2016年1月5日(火)〜3月21日(月・祝))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.jti.co.jp/Culture/museum/exhibition/next/index.html
——————–
隅田川をめぐる文化と産業 ~浮世絵と写真でみる江戸・東京~
2016年1月5日(火)〜3月21日(月・祝)
徳川家康の江戸入府以来、隅田川流域は開発が進められ、その中でも浅草寺がある浅草や幕府の米蔵があった蔵前、そして明暦の大火をきっかけにかけられた両国橋周辺は、江戸の人々の生活・文化の拠点となっていきました。また隅田川は、江戸時代にはたばこや塩はもちろん、さまざまな物資を運ぶための運河として利用されていました。明治時代以降、その水運と水利がさらに活用され、近代軽工業の発祥の地となり、大蔵省専売局のたばこ工場も設立されました。本展覧会でこうした隅田川界隈の歴史を「たばこ」や「塩」との関係をまじえてご紹介します。
主催 たばこと塩の博物館
会場 たばこと塩の博物館 2階特別展示室
開館時間 午前10時~午後6時(入館締切は午後5時30分)
休館日 毎週月曜日(ただし、1月11日と3月21日は開館)、1月12日(火)
入館料
一般・大学生 100円(50円)
小・中・高校生 50円(20円)
( )は20名以上の団体料金
※満65歳以上の方は団体料金(要証明書)