« 「Hathitrustとデジタルアーカイブの未来」 (平成28年1月25日(月)、伊藤国際学術研究センター(東京大学本郷キャンパス))【Stephen J. Downie、大場利康、山本和明、下田正弘、堀浩一の各氏】要参加申込み(参加費無料)・同時通訳あり | メイン | 日仏会館フランス事務所 北村勝史(幟旗収集家・研究家)「江戸の幟旗:庶民の祈りとアート」(2016年02月27日(土) 、2階ギャラリー) »

2015年12月25日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日仏会館フランス事務所 アンヌ・チェン氏(コレージュ・ド・フランス)[ 講演会 ]中国と日本のあいだの儒教・儒学の過去と現在 【ディスカッサント】渡辺浩(法政大学)(2016年03月30日(水) 、1階ホール)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.mfj.gr.jp/agenda/2016/03/30/20160330_cheng/index_ja.php

--------------------

使用言語:フランス語 (同時通訳付き)

日時: 2016年03月30日(水) 18:30〜20:30
場所: 1階ホール
講演者: アンヌ・チェン(コレージュ・ド・フランス)

【1世紀前から激しく批判され嘲弄され、わずか数十年前には文化大革命で物理的、物質的に破壊された儒教は、こんにち大陸中国では大人気で流行の主題である。しかし儒教という語がカバーするところを正確に定義することはきわめて困難で複雑な仕事である。ヨーロッパ語で「-イズム」で終わる語として、儒教confucianismeは19世紀末にヨーロッパの大学のなかで生まれた宗教学の発明であり、宗教学は儒教をキリスト教christianismeや仏教bouddhismeと並ぶ世界宗教のひとつにした。
宗教学による発明であったがゆえに、儒教に関する議論は、それがはたして宗教か否かという問いに方向づけられ、われわれは今日なおこの偽りの問いから抜け出せないでいる。それに対し日本の注解者は、こうしたイリュージョン的視点のバイアスを受けておらず、儒教の様々な側面の最良の解釈者であり、最も明晰な批判者でさえあった。儒教が中国でナショナリスティックな公的言説の象徴になっている現在、日本が儒教に対してとる距離と抵抗を振り返ることは重要かつ有益なことに思われる。】

【ディスカッサント】渡辺浩(法政大学)
【主催】(公財)日仏会館、日仏会館フランス事務所
【協力】(公財)関記念財団

※アンヌ・チェン氏は3月31日に日仏会館501会議室でセミナーを行います。
詳しくはこちらをご覧ください。


●グーグル提供広告