« 立命館大学・2016年度 専門研究員の募集(立命館大学アート・リサーチセンター「日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点」)(2015年12月16日 ~ 2016年01月06日 必着 17時まで(必着)) | メイン | 県立長野図書館 戦後70年特別企画Ⅱ「GIFT;子どもの世界が変わった時ー進駐軍とともにやってきた児童書と戦前・戦中・戦後ー」 (平成27年12月22日(火)~平成28年1月28日(木)) »

2015年12月19日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第5回 知識・芸術・文化情報学研究会(2016年2月6日(土)、立命館大阪梅田キャンパス(大阪梅田駅前))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●情報入手はこちら
http://d.hatena.ne.jp/JADS/20151218/1450398993

-------------------

●発表要旨は上記サイトにて

第5回「知識・芸術・文化情報学研究会」 開催案内

日時:2016年2月6日(土) 13:00受付開始
会場:立命館大阪梅田キャンパス(大阪梅田駅前)
〒530-0018 大阪市北区小松原町2-4 大阪富国生命ビル5階
アクセス
http://www.ritsumei.jp/accessmap/accessmap_office_osaka_j.html

主催:知識・芸術・文化情報学研究会
共催:情報知識学会関西部会、アート・ドキュメンテーション学会関西地区部会
協力:立命館大学アート・リサーチセンター 文部科学省共同利用・共同研究拠点「日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点」

プログラム

13:00 受付開始
13:30 開会挨拶
13:35 発表1「古典籍の成立に関する情報を記述する書誌情報の枠組み」
吉賀夏子(佐賀大学大学院工学系研究科システム創成科学専攻)
14:00 発表2「テキストマイニングを利用した日本文学作品の研究
―川端康成の直喩表現について―」
常木佳奈(立命館大学大学院文学研究科博士課程前期課程2回生)
14:25 休憩
14:40 発表3「災害・防災記事情報提供のための検索システムの構築」
藤原史一(和歌山大学システム工学部)、硲石浩文(和歌山大学
大学院システム工学研究科)
15:05 発表4「訓点資料におけるデジタルアーカイブシステムの構築
―翻刻支援とデータベース管理を中心に―」
田中勝(和歌山大学大学院システム工学研究科)
15:30 休憩
15:45 発表5「極東の視座からの和刻本漢籍画像データベースの構想」
李増先(立命館大学衣笠総合研究機構)
16:10 発表6「身装画像データベース<近代日本の身装文化>を読む」
高橋晴子(国立民族学博物館 民族社会研究部 外来研究員)
16:35 閉会挨拶
17:15 懇親会

参加申し込み方法
2016年1月20日(水)までに、氏名・所属を明記の上、kacimeeting+2016(at)gmail.com 宛に電子メールで申し込むこと(※ (at) を @ に変えてください)。
研究会参加費(500円)を当日徴収します。
※研究発表会後に懇親会を予定しています。大学や分野の枠を超えた交流の場にしたいと思いますので、あわせてご参加ください。(会場・会費等は、決まり次第ご案内します。)


●グーグル提供広告