« 第23回やまなし文学賞 研究・評論部門に、奥武則氏『ジョン・レディ・ブラック―近代日本ジャーナリズムの先駆者』(岩波書店)・品田悦一氏『斎藤茂吉 異形の短歌』(新潮社) | メイン | 立命館大学 2015年度国語教育ゼミナール冬季大会(2016年1月23日(土) 13:00~16:15、立命館大学衣笠キャンパス 清心館 3階 533号教室) »

2015年12月22日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●歴博講演会 第385回「にせものの文化史」講師:小瀬戸恵美氏(2016年1月9日、国立歴史民俗博物館)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.rekihaku.ac.jp/events/lecture/index.html
--------------------

第385回「にせものの文化史」

開催要項

日程 2016年1月9日
講師 小瀬戸 恵美 (当館情報資料研究系)
開催趣旨
現在ではコピー商品や食品偽装など、さまざまな「にせもの」が世の中を賑わせています。悪意のあるにせものから、悪意のないにせもの、にせものにされてしまったほんもの、など、さまざまな「にせもの」とそれらが生まれてきた背景を紐解きながら、なぜ、にせものが生み出されるのか、なぜ、私たちはにせものに騙されるのか、ひいては、にせものという概念を作り出しているものは何なのかを考えていきたいと思います。


●グーグル提供広告