« 物語研究会 12月例会(2015年12月19日(土)、相模女子大学 マーガレット本館1階) | メイン | 美夫君志会・萬葉研究誌『美夫君志』91号・宮島達夫編『万葉集巻別対照分類語彙表』他 紹介されました »

2015年12月 8日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●千秋文庫 企画展「中国と日本のまなざし」(平成28年1月12日(火)~4月16日(土))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://senshu-bunko.or.jp/modules/now/
--------------------

開催予定画展
中国と日本のまなざし
平成28年1月12日(火)~4月16日(土) 日曜日・月曜日・祝日休館

中国では唐時代(7~10世紀)に水墨画が始まり、人物画から山水画へ、写実から 写意へ、自然を重んじた画風から、「心」で体感し「心」をもって「目」に代え、形式 に拘泥せず精神の表現を重視した画風へと移って行きました。
日本では平安時代(8~12世紀)に、「源氏物語絵巻」を代表とする日本的で雅な 画風の「大和絵」が発生し、鎌倉時代(12~14世紀)以降には、中国の人物や山水を 題材とする中国風な画風の「唐絵」が誕生しました。
今回の企画展では、旧秋田藩主 佐竹家から譲り受けました模写絵画の中から、「唐絵」を中心に展示いたします。中国人と日本人が描いた「唐絵」を並べて展示いたします ので、その違いもお楽しみください。

< 主な展示品 >

龍(雪舟 筆/狩野由信 模) 
蝦蟇鉄枴(明兆 筆/狩野洞a 模) 
観音猿鶴図(牧谿 筆/不詳・平宗俊・大島林英 模)
歌川広重「名所江戸百景」より冬の景・春の景から 計16点 
(江戸東京博物館所蔵の初摺り平成完全復刻版)
※ 展示品や展示期間、開館時間は、都合により変更することがございますので、予めご了承ください。

・開館時間:午前10時~午後4時(入館は、閉館30分前まで)
・休 館 日:日曜日・月曜日・祝日・展示替期間
・入 館 料:一 般 450円( 団体割引 350円 )
 大学生・高校生 350円( 団体割引 250円 )
 中学生・小学生 無料
 *団体割引は20名様より

☆ 今後の企画展(予定)
『 江戸の風景 - 町絵図を中心に  』
平成28年5月17日(火) ~ 8月20日(土)


●グーグル提供広告