« 本居宣長記念館 冬の企画展「宣長、本を出す」(2015年12月8日(火)~ 2016年3月6日(日)) | メイン | 三浦佑之先生×古橋信孝先生トーク&サイン会「日本列島人の姿を求めて 古代文学・民俗学・歴史から考える」(2016年1月21日(木)、八重洲ブックセンター本店8F ※要申込) »

2015年12月24日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●平成27年度 第11回伝音セミナー「平安末・鎌倉期の雅楽にみる 太食調(たいしきちょう)の呂・律」進行役:山口 敦子氏(平成26年1月7日(木)、京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

セミナー情報です。

●公式サイトはこちら
http://jupiter.kcua.ac.jp/jtm/events/spsemi/index.html
--------------------

平成27年度 第11回伝音セミナー

内容 希少音源をを鑑賞しながら、歌や演奏等の紹介・解説等を行います。

平安末・鎌倉期の雅楽にみる 太食調(たいしきちょう)の呂・律

雅楽の六調子の一つ、太食調。太平楽や長慶子などおなじみの曲はこの調子です。鎌倉時代 の文献には「律呂の調なり」と書かれています。 律でもあり呂でもある太食調とはどのような調子だったのでしょうか。それを強いて例えるならば同じキーのマイナー/メジャーが交錯する調べ。古楽譜の再現実演を交えて考察してみます

進行役:山口 敦子(大学院修士課程音楽研究科日本音楽研究専攻)
*修士課程公開修了審査プレゼンテーション
日時 平成26年1月7日(木曜日)午後2時40分~午後4時10分
会場 京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター 合同研究室1(新研究棟7階)
(京都市立芸術大学へのアクセス http://www.kcua.ac.jp/access/
定員 午後2時受付開始、先着50名。
参加費 無料。
問合せ先
京都市立芸術大学 連携推進課 事業推進担当
Tel.075-334-2204
>> 問い合わせフォーム


●グーグル提供広告