« 徳川美術館・蓬左文庫開館80周年記念 コレクションが語る蓬左文庫のあゆみ(平成28年1月5日(火)〜4月10日(日)) | メイン | 学校法人城西大学創立五十周年記念国際日本文化シンポジウム「音のテクスチャ:前近代の日本におけるオーラリティ、パフォーマンス、視覚芸術」【基調講演 シラネ・ハルオ氏】(平成28年1月13日(水)、14日(木)、東京紀尾井町キャンパス1号棟地下ホール) »

2015年12月21日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●国立国会図書館、電子展示「本の万華鏡」の第20回「本でたどる琳派の周辺」を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【琳派とは、日本の美術工芸分野における流派の一つです。大胆な意匠化や装飾美で「デザイン的」と形容されることも多い琳派の作品は国内外で広く親しまれており、例えば5千円札の裏面のデザインには琳派を代表する画家・工芸家である尾形光琳の「燕子花図」が用いられています。】

●公式サイトはこちら
http://www.ndl.go.jp/kaleido/entry/20/index.html


●グーグル提供広告