講演 日本における「神話学」のはじまり【講演 平藤喜久子氏、コメンテーター 藤巻和宏氏】(2016年1月30日(土)午後3時~、神戸大学国際文化学研究科 E棟4階学術交流ルーム(E410))

研究会情報です。
●情報入手はこちら
http://blog.goo.ne.jp/engi-kanto/e/af0c466cff29b19b6885b89a3a2c58ef

——————–
【『近代学問の起源と編成』のスピンオフとして、平藤氏の講演により近代学問としての「神話学」の起源と展開についての考察をより深めていく一方で、藤巻はコメンテーターとして、「神」「仏」概念との関連、あるいは説話研究・寺社縁起研究との接点等についても言及できれば、と考えております。】
寺社縁起研究会・関東支部ブログより
「近代『神話学』の発展と『神話』概念拡大の思想的背景の解明」第2回研究会プロジェクト
日本における「神話学」のはじまり
【日時】
2016年1月30日(土)午後3時~
【場所】
神戸大学国際文化学研究科 E棟4階学術交流ルーム(E410)
【趣旨】  
 本企画は、國學院大学の平藤喜久子氏に基調となる講演をしていただくとともに近畿大学の藤巻和宏氏にコメンテーターとしてお話いただくというものである。平藤氏は昨年度(2014年)勉誠出版より刊行された『近代学問の起源と編成』 において「神話学の「発生」をめぐって―学説史という神話」を著されている。『近代学問の起源と編成』の編者のお一人である藤巻氏とともに日本の近代学問としての「神話学」の「はじまり」に関する議論を深め、ヨーロッパと日本の「神話学」の異同を確認するとともに「神話学」が近代における「神話」に与えた影響を考える場としたい。
【講演】
平藤 喜久子氏 (國學院大学 教授)
【コメンテーター】
藤巻 和宏氏 (近畿大学 准教授)
◆研究プロジェクトの趣旨は、下記のページをご覧ください。
  近代『神話学』の発展と『神話』概念拡大の思想的背景の解明
 (メンバー:植朗子、清川祥恵、南郷晃子、潘寧、馬場綾香〈博士後期課程〉)
◆お問い合わせ先:南郷 晃子  kokonango[at]gmail.com
 ※ [at] をアットマークに変えてください。