« 『源氏物語』の本文に関する豊島科研の研究会(平成27年12月19日(土)、13:00〜18:00、國學院大學120周年記念2号館1階2102教室) | メイン | 大塚ひかり「誰のための現代語訳か」[古典の面白さを伝えたいという立場から]【特集・古典の現代語訳を考える】●リポート笠間59号より公開 »

2015年12月 9日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●千代田区立日比谷図書文化館 講座『漢字の成り立ちが知りたい!~漢和辞典活用法~』講師:円満字二郎氏(2016年1月28日(木)※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講座情報です。

●公式サイトはこちら
http://hibiyal.jp/data/card.html?s=1&cno=2626
--------------------

『漢字の成り立ちが知りたい!~漢和辞典活用法~』

キーワード 日比谷カレッジ,漢字
内容
「又」はもともとどういう意味?
「受」と「争」って何かが似ている?
「尊」と「貴」の意味の違いとは?
成り立ちを知ると、漢字と漢字のつながりや相違点が、はっきりと見えて来ます。実際の辞書の記述をわかりやすく解きほぐしながら、漢字の成り立ちの世界へとご案内します。

日にち 2016年01月28日(木) 19:00から20:30
日にち説 当日の受付開始 18:30~
場所 4階 スタジオプラス(小ホール)
定員 60名(申込順)
参加費用 1,000円
講師・出演者 円満字二郎
プロフィール ■円満字 二郎(えんまんじ じろう)
漢和辞典編集者。1967年、兵庫県西宮市生まれ。大学卒業後、出版社で国語教科書や漢和辞典などの編集を担当。2008年、退職。現在はフリーの編集者兼ライターとして活動している。著書に『漢和辞典に訊け!』(ちくま新書)、『ひねくれ古典『列子』を読む』(新潮選書)、『漢字ときあかし辞典』『部首ときあかし辞典』(ともに研究社)などがある。
主催 千代田区立日比谷図書文化館
問い合わせ先 千代田区立日比谷図書文化館(03-3502-3340)
申込期間 2015年12月08日 10:00 から2016年01月28日 19:00
申込方法 電話(03‐3502‐3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、来館(1階受付)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。
関連リンク 円満字二郎氏ホームページ「お仕事の切れっぱし」


●グーグル提供広告