名大みみよりカフェ・日比嘉高氏「表現とプライヴァシーを考える:小説・公私・セキュリティ」(2015年12月15日(火) 17:40~19:00、Craig’s Cafe (名古屋大学理学部E館1F東端))

トーク情報です。
●情報入手はこちら
http://hibi.hatenadiary.jp/entry/2015/12/13/152441

——————–
【名大みみよりカフェ】
「表現とプライヴァシーを考える:小説・公私・セキュリティ」
日比嘉高
携帯電話の番号は、多くの人が個人情報として守りたいだろう。だが少し前まで、電話番号とは電話帳に公開されているものだった。プライヴァシーの範囲は変化する。そのことを、小説表現との衝突(モデル小説)の近代文化史から考えよう。三島由紀夫、柳美里が裁判を闘い、敗北した。最後は、マイナンバーやSNS、ライフログなど現代社会の「表現」のあり方にまで考えを伸ばしたい。
12月15日(火) 17:40~19:00
場所:Craig’s Cafe (理学部E館1F東端)
http://tabelog.com/aichi/A2301/A230107/23049881/dtlmap/
参加費:ワンドリンク制
どなたでも自由に参加できます。