« 甲南大学・ぶんたすプロジェクト融合型公開ゼミ「谷崎潤一郎の「秘密」」(2015年12月11日、岡本キャンパス5号館525教室 約70名(先着順)) | メイン | 関西寺社縁起研究会シンポジウム「俗化する高僧絵伝と明治時代―寺社縁起における近代とは何か?」(2015年12月26日(土)、キャンパスプラザ京都2Fホール、入場無料) »

2015年12月 4日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●名古屋平安文学研究会(2015年12月13日(日)、名古屋大学大学院文学研究科4F407号室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。


--------------------

日時 2015年12月13日(日)
場所 名古屋大学文学研究科 4階407室

研究発表

○『源氏物語』の構想に関する試論―玉鬘系の巻々の後記挿入をめぐって―/山下義実氏
○『大鏡』三題(序文「母后」・時平伝・童名)/森下純昭氏

司会 亀田夕佳氏・藤井日出子氏

●お問い合わせ
〒464-8601
愛知県名古屋市千種区不老町 名古屋大学 文学研究科棟
大井田研究室内 名古屋平安文学研究会
TEL 052-789-4735


●グーグル提供広告