佛教大学【図書館企画展示】本と蔵書印(2015年12月1日~12月24日)

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.bukkyo-u.ac.jp/event/detail/2015/12/1/1251/
——————–
江戸時代以前、書籍は現在と比較してその流通量は少なく、貴重なものでした。人々はその所有者を明らかにするため、「蔵書印」を捺すようになりました。書籍に残る蔵書印は、その書籍がどのような人々のもとにあったのかを教えてくれます。
今月は図書館が収蔵する貴重書から、フランク・ホーレー旧蔵の古活字版「選擇傳弘决疑鈔」、大野洒竹旧蔵「往生要集抄」、富岡鉄斎旧蔵「康頼本草」など、様々な蔵書印が捺された書籍を紹介します。