« (惜別)秋山虔さん 国文学者・東京大名誉教授(朝日新聞)※白石明彦氏 | メイン | 福岡市文学館市民公開講座「モダンの文学、モダンなアジア~1920、30年代の上海、台北、ソウル、そして福岡~」第4回波潟 剛(九州大学)「モダン都市福岡の文学と文化」(2016年1月30日) »

2015年12月28日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●福岡市文学館市民公開講座「モダンの文学モダンなアジア~1920、30年代の上海、台北、ソウル、そして福岡~」・第3回目、江原大学校国語国文学科助教授キム・イェリ 氏「1930年代韓国モダニズム文学と李箱」(2016年01月09日)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

公開講座情報です。

●公式サイトはこちら
http://toshokan.city.fukuoka.lg.jp/events/detail/892

--------------------

開催日時
2016年01月09日
14:00 〜 16:00

施設 福岡市文学館
開催場所 福岡市文学館(福岡市赤煉瓦文化館)福岡市中央区天神1-15-30
事前申込み 不要
費用 不要
定員 先着55名(13時30分開場)
ファイル 公開講座チラシ

第3回目は江原大学校国語国文学科助教授のキム・イェリ 氏による「1930年代韓国モダニズム文学と李箱」です。

■講師紹介
 2011年ソウル大学大学院、同客員研究員を経て、2014年より現職。専門は韓国近代文学。主な著書に『イメージの政治学とモダニズム―金起林の芸術論』(2013)『李箱 もう一度だけ飛べ』(2014)、主な論文に、「1930年代韓国モダニズム文学に現れた視覚体系の多元性」(2012)、「詩的主体の誕生と京城アーケイドの詩的考察」(2012)、「言語論的展開と人文学としての作家論(2013)、「1930年代モダニズム文学の存在美学と脱近代的思惟」(2015)など。


●グーグル提供広告