« 『日本文学』(2015年12月)に、平 浩一『「文芸復興」の系譜学 志賀直哉から太宰治へ』の書評が掲載されました(評者:古川裕佳氏) | メイン | プール学院大学・専任教員の公募について(国語科教育学)(2015年12月18日 ~ 2016年01月06日 必着) »

2015年12月22日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●「原爆文学研究14」(原爆文学研究会)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

原爆文学研究会さまよりいただきました。

genbaku14.jpg

●公式サイトはこちら
http://www.genbunken.net/

A5判・並製・298ページ
2015.12.12発行

【目次】

批評―articles

氷川とも子 1945年の創世記
 --ウィリアム・L・ローレンスの広島・長崎関連記事にみる「宣教」としての原爆報道--
野坂昭雄 映画『二十四時間の情事』における表象の方法
東村岳史 旅する「原爆の図」と反原発運動との出会い
 --丸木夫妻とフランス、札幌、泊原発、そして電気料金不払い--

◆特集「戦後70年」連続ワークショップ

特集「戦後70年」連続ワークショップについて2

◇「戦後70年」連続ワークショップIII 古典詩と現代詩の協奏--実作者を迎えて

高野吾朗 わが英詩は如何にして「核」「戦争」「原発」と切り結びしか
イナン・オネル 新井高子 震災と戦争、トルコと日本の間でヒクメットの詩を読む

◇「戦後70年」連続ワークショップIV カタストロフィと〈詩〉

野坂昭雄 カタストロフィ後に〈詩〉を書くということ
高橋由貴 原民喜における詩と散文--小説「永遠のみどり」へ--
柿木伸之 アウシュヴィッツとヒロシマ以後の詩の変貌
 --パウル・ツェランと原民喜の詩を中心に--
中原豊 3・11に向き合った詩人たち

◇「戦後70年」連続ワークショップV 原爆文学「古典」再読2--佐多稲子『樹影』

松永京子 原爆文学「古典」再読2--佐多稲子『樹影』報告
坂口博 福岡千鶴子と醇次郎--鎮魂(レクイエム)の通奏低音
村上陽子 孤独の諸相--佐多稲子『樹影』における被爆意識の変遷

●お問い合わせ
発行 (有)花書院
〒810-0012福岡市中央区白金2−9−6
tel092-526-0287 FAX092-524-4411
定価 1200円


●グーグル提供広告