【小田原文学館】生誕130年記念交流特別展「北原白秋-詩人の見た風景-」(平成28年1月23日(土)~3月16日(水))

展示会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/facilities/library/liblaryevent/hakushu.html

——————–
【平成27年に生誕130年を迎えた、詩人・童謡作家として知られる北原白秋(1885~1942年)は、水郷で有名な福岡県山門郡沖端村(現・柳川市)に生まれ、豊かな環境の中で多感な幼少期を過ごしました。
明治37(1904)年に上京すると、詩集『邪宗門』(じゃしゅうもん)、歌集『桐の花』を上梓し、詩壇・歌壇で活躍します。さらに小田原時代には児童雑誌「赤い鳥」で童謡面を担当するなど、その才能はいよいよ輝きを増しました。
一方で、白秋は生涯に30回以上の転居をしたほか、九州巡遊や北海道・樺太旅行など、各地を旅してまわったことでも知られています。
本展では、故郷である柳川市をはじめとしたゆかりの地での白秋の足跡をたどり、生涯にわたる創作活動をご紹介します。】
開催日時
平成28年1月23日(土)~3月16日(水)午前9時00分~午後5時00分(入館は午後4時30分まで)
※会期中無休
開催場所
小田原文学館(小田原市南町2-3-4)
入館料
一般250円、小・中学生100円(20名以上で団体割引有、障害者手帳をお持ちのかた割引有)
アクセス
徒歩:小田原駅東口から20分
バス:小田原駅東口から箱根方面行バス H・T・J・Z・U線「箱根口」下車徒歩5分
車:国道1号線「箱根口交差点」から路地に入り220m先右折後直進100m(駐車場7台・無料)