小樽文学館 企画展「暮らしと文学〈あのころの小樽〉展1 夜更かしする文学青年の時代」(2015年12月5日(土)~2016年1月31日(日))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://otarubungakusha.com/exhibition/2015121762
——————–
企画展「暮らしと文学〈あのころの小樽〉展1 夜更かしする文学青年の時代」
個々の作家や作品を時系列に並べる「文学史」を見直し、小樽の庶民の暮らしと密接に関わる家庭環境、交通機関、娯楽や読書を提供する公共あるいは商業施設の変転などを通し、街の移り変わりと連動する、新たな視点からの「小樽文学史」を追っていきます。年1回シリーズの企画展。第1回は電気の普及に伴う、家庭での読書環境と時間の使い方の変化についてです。
会期:2015年12月5日(土)~2016年1月31日(日)
休館日:月曜日(1月11日を除く)、12月24日(木)、1月12日(火)、13日(水)、年末年始(12月28日~1月4日)
入館料:一般300円、高校生・市内高齢者150円、中学生以下無料
関連事業
講座「明治・大正、小樽のあかり」
講師:渡辺真吾(フリーライター)、亀井志乃(市立小樽文学館学芸員)
日時:2016年1月10日(日) 午後2時~4時
場所:文学館1階研修室
聴講無料