« 國學院大學国語研究会 平成27年度後期大会(平成27年12月5日(土)、國學院大學渋谷キャンパス 1303教室 ) | メイン | 慶應義塾大学アート・センター「モノがたる文学部 資料にみる人文学研究/師弟の言葉 西脇順三郎と井筒俊彦」(2015年12月2日[水]- 12月18日[金]、慶應義塾大学図書館/慶應義塾大学アート・スペース) »

2015年11月22日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●國學院大學・第2回公開研究会 発信と受容の多様性-古典をいかに伝えるか(2015年12月12日(土)、國學院大學渋谷キャンパス 1号館2階 1202教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kokugakuin.ac.jp/letters/bun08_00083.html

--------------------

皆様のご来聴を歓迎いたします。
なお、入場料は無料です。事前申し込みも不要です。

題名       第2回公開研究会
発信と受容の多様性-古典をいかに伝えるか
日時 2015年12月12日(土) 午後2:30~5:00
会場 國學院大學渋谷キャンパス 1号館2階 1202教室

プログラム

1.[趣旨説明] ~ 問題の明確化に向けて         
黒澤 直道(外国語文化学科教授)


2.[講演]
  
中国における万葉集・古事記の受容
曹  咏梅(國學院大學兼任講師)

コメント 黒澤 直道(外国語文化学科教授)


3.[総合討論] ~ 古典の発信と受容における諸問題
  
司会 白井 重範(外国語文化学科教授)

パネリスト
曹   咏梅(國學院大學兼任講師)
笠間直穂子(外国語文化学科准教授)
高屋 景一(外国語文化学科准教授)
黒澤 直道(外国語文化学科教授)


●グーグル提供広告