「言語・認識・表現」第20回年次研究会(2015年11月28日土曜、東京都千代田区役所図書館第1第2研修室)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://alr.la.coocan.jp/wp/2015/11/05/「言語・認識・表現」第20回年次研究会/

——————–
10:10~10:15
研究会主査あいさつ
①10:15~11:15
「言語学以前のこと」鈴木覺 愛知県立大名誉教授
②11:15~12:15
岩垣守彦 ALR 「付加情報+体言」と「名詞+付加情報」という壁を乗り越える
昼休憩
③13:15~14:15
「日本語表現分類体系と翻訳ソフトを用いた英語学習支援サイトの構築」宮崎正弘(ラングテック)
④14:15~15:15
「Eラーニングによる医療英語学習環境の最適化について」
逸見明子 エジンバラ大学
休憩 10分
⑤15:25~16:25
仮題「非常識の日本語─三浦つとむ認識論による日本語解明 」
今井幹夫 SJP日本語センター
⑥16:25~17:25
「遍在する物語性について」新田義彦 日本大学
⑦17:30~18:30
佐良木昌 ALR 「条件法に解釈される連体修飾節の特質とその英訳手法