和歌文学会関西12月例会(第119回)(2015年12月5日(土)、龍谷大学 大宮学舎 東黌103教室)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://wakabun.blog10.fc2.com/blog-entry-219.html

——————–
一、日時 2015年12月5日(土)午後2時より(午後1時半より受付開始)
一、会場 龍谷大学 大宮学舎 東黌103教室
      JR東海道本線・近鉄京都線「京都」駅下車、北西へ徒歩約10分(市バス約3分)
      京阪本線「七条」駅下車、西へ徒歩約20分
      阪急京都本線「大宮」駅下車、南へ徒歩約20分(市バス約5分)
      
一、研究発表
『千五百番歌合』の定家詠に対する顕昭判の姿勢  
龍谷大学(院) 溝端悠朗
《小特集・藤原清輔の歌学》
和歌一字抄の新出伝本―『校本和歌一字抄』以後―
愛知淑徳大学(非) 日比野浩信
『奥義抄』と範兼説の関係について         
武庫川女子大学  寺島修一
*コメンテーター                      
島根大学(名) 芦田耕一
  ※研究発表終了後、懇親会を開催します。