Elsevier社の言語学雑誌’Lingua’のオープンアクセスを巡り、同誌の編集者6名を含む編集委員全員が辞職し、新しい雑誌を立ち上げへ Elsevier社も声明を発表(カレントアウェアネス・ポータル)

【2015年11月2日、Inside Higher Edにおいて、Elsevier社が発行する言語学の雑誌’Lingua’の編集者6名と編集委員31名全員が辞職したことが報じられています。
同誌の編集長である、Johan Rooryck氏をはじめ編集者らは10月ころにElsevier社に対し、’Lingua’のフルオープンアクセス化や、同誌の権利を編集者らに無償で譲渡することのほか、著者への著作権の帰属、CC BYの採用、APCの費用などに関し、要求を出していましたが、Elsevier社はこれを拒絶したようです。】
つづきはこちらから。カレントアウェアネス・ポータル。
http://current.ndl.go.jp/node/29927