« 科学技術・学術政策研究所(NISTEP)が、大学院博士課程在籍中の教育等の経験、現在の雇用状況や満足度、研究の状況、ライフイベントの状況等を明らかにする、「博士人材追跡調査」第1次報告書-2012年度博士課程修了者コホート-を公表 | メイン | 昭和美術館(名古屋)・平成27年下期展示「和歌の世界」(平成27年9月12日~12月6日) »

2015年11月 5日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●DHM 050 【前編】《巻頭言》「『情報国文学』と『国文学』との関係」(大内英範:筑紫女学園大学文学部准教授)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

人文情報学月報 / Digital Humanities Monthly 第50号【前編】に、「『情報国文学』と『国文学』との関係」(大内英範:筑紫女学園大学文学部准教授)が掲載されています。近藤みゆき『王朝和歌研究の方法』(笠間書院、2015年4月)が紹介されつつ、国文学研究にコンピュータやインターネットがどうかかわるのか、興味深いテーマが語られているので、ご紹介させていただきました。
○「『情報国文学』と『国文学』との関係」(大内英範:筑紫女学園大学文学部准教授)
http://www.dhii.jp/DHM/dhm50-1

人文情報学月報は無料のメールマガジンです。【人文情報学の実態は、哲学・史学・文学を始めとした伝統的人文学から、文化人類学・心理学・社会学など、人間文化に関するさまざまな切り口からの研究分野を含めた幅広い意味での人文学を対象とし、それらをデジタル化するうえでの手法やその意味を問いつつ、実践的なフィードバックを重ねていく螺旋的な研究活動といえます。
人文情報学の現状を少しでもつかみやすくするべく、人文情報学と位置づけることができる様々な研究について、各分野気鋭の専門家の皆さまにご紹介いただくと共に国内外のホットな情報を取り上げていきます。】という内容を持つものです。この機会にぜひご登録を。

○人文情報学月報
http://www.mag2.com/m/0001316391.html


●グーグル提供広告