« 平成27年度 第2回 関西大学国文学会研究発表会(平成27年12月19日(土)、関西大学文学部第一学舎1号館A301会議室) | メイン | 木簡に「難波津の歌」全文 完成形に近い平仮名・京都(産経新聞)【平安京跡から初めて出土し26日、京都市埋蔵文化財研究所が発表】【良相邸の土器より30年ほど新しいものとみられる】 »

2015年11月26日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●早稲田大学 総合人文科学研究センター・研究部門「東アジアの人文知」主催♦第2回国際フォーラム「越境する人文知」(2015年12月2日(水)、39号館 第5会議室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://flas.waseda.jp/rilas/2015/11/3375/

--------------------

【日時】12月2日(水)12時30分開始
【場所】39号館 第5会議室
【プログラム】
開会の挨拶:千野拓政(文学学術院教授)

12時35分~13時10分 劉晏(浙江師範大学副教授)
「証拠性モダリティ表現について」(日本語)
コメンテイター:胡偉さん(東北財経大学講師)

13時10分~13時45分 ペドロ・エルバー(コーネル大学准教授)
「経済化する美術から美学化する経済へ」(日本語)
コメンテイター:鳥羽耕史(文学学術院教授)

13時45分~14時30分 張広海(浙江大学副教授)
「魯迅と早期左連の関係について」(中国語、通訳あり)
コメンテイター:千野拓政(文学学術院教授)

14時30分~14時55分 自由討論

閉会の挨拶:鳥羽耕史(文学学術院教授)


●グーグル提供広告