島根県立美術館 企画展「しまね画人伝 ―島根県立美術館コレクションを中心に―」(2016年1月2日(土)~ 2月15日(月))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www1.pref.shimane.lg.jp/contents/sam/ja/exhibition/kikaku_8.html
——————–
企画展 しまね画人伝 ―島根県立美術館コレクションを中心に―
会期 2016年1月2日(土)~ 2月15日(月) 〔1月26日(火)に一部展示替え〕
開館時間 10:00~18:30 〔展示室への入場は18:00まで〕
休館日 火曜日
◆ 展覧会チラシはこちらからご覧ください(PDF) >>チラシダウンロード
観覧料
観覧料 当日券 前売券
企画展・コレクション展セット
一 般 500(400)円 —-
大学生 300(240)円 —-
小中高生 高校生以下無料
※ ( )内は20名以上の団体料金
※ 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、及びその付添の方は観覧無料
※ ミュージアム・パスポートでご覧いただけます
◆ 毎週木曜日の午前中は「かぞくの時間」(こどもといっしょの鑑賞優先時間など) を実施しています。
  >>詳しくはこちら
概要
島根ゆかりの画家を近世絵画、日本画、洋画、水彩画、版画の5分野から紹介する展覧会です。江戸時代には、松江藩や津和野藩ら各藩のお抱え絵師が腕を振るい、池大雅ら文人画家の来遊がみられます。一方、明治以降(昭和20年まで)には 中央画壇で活躍した出身画家、または横山大観のように島根に逗留して制作をのこす画家、講習会で制作指導や普及につとめる画家が現れます。島根の風土が 育んだ画家とその動向を、地元伝来の作品を含む、当館のコレクションを中心にご覧いただきます。