« 仏教文学会シンポジウム「寺院資料調査から拓く文学研究」(平成27年12月5日(土)、キャンパスイノベーションセンター東京【田町】)【渡辺匡一、原 克昭、門屋 温、目黒将史、河内聡子の各氏】 | メイン | 『實踐國文學』第88号に、近藤みゆき『王朝和歌研究の方法』の書評が掲載されました。伊井春樹氏・金水敏氏によるダブル書評です。 »

2015年11月22日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●大阪大学大学院文学研究科・特別講演会・荒木 浩氏「スーパーグローバル時代の 日本研究に求められるもの ─ 学知・姿勢・ネットワークと戦略 ─」(2015年11月26日(木)、大阪大学豊中キャンパス)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/research/community/gakkai/global_nihon_20151126

--------------------

日  時 : 2015年11月26日(木) 15:00~18:00
場  所 : 大阪大学豊中キャンパス 文学研究科本館2階 大会議室
主  催 : 大阪大学大学院文学研究科「グローバル日本研究クラスター」
連絡先 : 合山林太郎 (goyama[AT]let.osaka-u.ac.jp) [AT]を@に変えてください。

講演
スーパーグローバル時代の日本研究に求められるもの─ 学知・姿勢・ネットワークと戦略 ─
荒木 浩 国際日本文化研究センター教授

ディスカッサント
舟場  保之(大阪大学准教授)
宇野田尚哉(大阪大学准教授)


●グーグル提供広告