静岡市東海道広重美術館「はんがのけしき -浮世絵・新版画・現代版画-」(2015年11月10日(火)〜 2016年1月24日(日))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://tokaido-hiroshige.jp/schedule/next.html
——————–
はんがのけしき
-浮世絵・新版画・現代版画-
会期:2015年11月10日(火)- 2016年1月24日(日)
Part 1:11月10日(火)- 12月13日(日)
Part 2:12月15日(火)- 1月24日(日)
年末年始休館日:12月28日(月)~2016年1月4日(月)
江戸時代、庶民に求められた浮世絵版画は、明治時代になり新しい印刷技術の発達や写真の登場によって木版画の需要が次第に減少し、必然的にその状況にあらがうために、表現や形態は時代とともに変容していきました。本展覧会では、名所絵師・歌川広重の浮世絵をはじめ、明治後期から浮世絵版画の技術再興と近代的表現を模索した「新版画」、従来の分業体制から脱却し「自画・自彫・自摺」などによって作家の芸術表現を高めようとした「創作版画」より展開した「現代版画」から、様々な風景木版画をご紹介します。
江戸から現代までの時代を反映するバラエティ豊かな「はんがのけしき」の様子をご堪能ください。
□主催:
静岡市東海道広重美術館[NPO法人ヘキサプロジェクト]
□協力:
沼津市教育委員会、モンミュゼ沼津、株式会社渡邊木版美術画舗、YUKI-SIS