« 平成27年度(2015年度)第57回弘前大学国語国文学会大会(平成27年11月29日(日)) | メイン | 平成27年度「社会・人文系再発見シリーズ」連続講演会「持続可能な社会」としての江戸~今を生きるヒント(平成28年1月17日(日)〜4回、神奈川県立図書館 ※要申込) »

2015年11月25日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●川端康成学会 第167回例会(平成27年12月19日(土)、鶴見大学)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kawabata-kinenkai.org/bungakukai/reikai.html
--------------------

川端康成学会 第167回例会

日時:平成二十七年十二月十九日(土)午後二時より
場所:鶴見大学一号館四階 401教室
 
研究発表 発表要旨と会場(PDF)
*青木言葉(慶応大学大学院文学研究科国文学専攻博士課程)
「「反橋」連作論―〈古典〉を読み替える―」
*石川巧(立教大学教授)
「性愛のコノテーション―川端康成『雪国』論」
・閉会の辞 林武志(川端康成学会会長)


●グーグル提供広告