« 物語研究会 11月例会(2015年11月21日(土)、学習院大学) | メイン | Elsevier社の言語学雑誌'Lingua'のオープンアクセスを巡り、同誌の編集者6名を含む編集委員全員が辞職し、新しい雑誌を立ち上げへ Elsevier社も声明を発表(カレントアウェアネス・ポータル) »

2015年11月11日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●聖徳大学言語文化研究所講演会「かなの美への誘い―古筆を楽しむために―」講師:岩井秀樹氏(平成27年12月12日(土))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.seitoku.ac.jp/chizai/event/2015/11/12647/
--------------------

タイトル かなの美への誘い ―古筆を楽しむために―
日時・場所
平成27年12月12日(土)13:00~14:30
聖徳大学10号館14階
※参加費無料(定員70名)
内容
中国 ・朝鮮半島を経て日本に伝えられた文字、「漢字」。日本人は、その漢字を日本の言葉に当てて、一字一音の表音文字として表記するようになりました。時を経て、文字の形はもとの形からは想像がつかない程に省略されたスタイルになり、 「かな」は生まれたのです。つまり、「かな」は、日本人が発明した日本固有の文字なのです。
使われ始めてから約200年の聞に、「かな」は進化、発展、昇華され、古今和歌集や和漢朗諒集等、多くの名品がしたためられました。これらの古筆を鑑賞することは、平安貴族の感性と叡智に触れ、さらIこ日本人の美意識の原点を探ることにつつながるかも知れません。
今回は、「かな」が生まれてきた歴史を辿ると共に11~12世紀に生まれた古筆の名品を通して、「かな」の基礎知識や用語など、鑑賞の手引きと怠るお話をしたいと思います。
古筆の名品を鑑賞し楽しみたい、臨書して学びたいという方々の一助になれば幸いです。
講師 岩井秀樹 (聖徳大学文学部文学科 教授)
チラシ チラシのPDFファイルはこちら


●グーグル提供広告