« 北海道立文学館 特別講演会「小説家の今、小説の未来」講師:外岡秀俊氏、久間十義氏、澤田展人氏(2015年11月23日(月)※要申込) | メイン | 週刊読書人・2015年11月6日号(広告掲載) »

2015年11月 6日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●さいたま市大宮盆栽美術館 秋季特別展 盆栽につもる雪―「鉢木」物語の世界(平成27年10月10日(土)~12月2日(水))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.bonsai-art-museum.jp/exhibition/exhibition-1414/
--------------------

秋季特別展 盆栽につもる雪―「鉢木」物語の世界

期間:平成27年10月10日(土)~12月2日(水) 
場所:企画展示室 

中世に端を発する謡曲「鉢木」。上野国佐野(現・群馬県高崎市)を舞台とするこの物語は、ある雪の夜、旅の僧侶を装った鎌倉幕府五代執権・北条時頼のため、清貧の老武士・佐野源左衛門常世が、焚き木の代わりにしようと、秘蔵する鉢の木の枝を切り落とす名シーンで知られています。また、常世が見せた幕府への忠義心は、「いざ鎌倉」の語源ともなりました。
「鉢木」は、江戸時代から現代に至るまで、多くの絵や物語にされて受け継がれてきました。零落した生活にわずかに残された鉢の木を前に、なたを振るい、枝を落とそうとする〝決定的瞬間〞を中心に、鉢木物語の名シーンは人の心に刻みつけられ、やがては本来の物語を離れた新たなイメージをも作り上げていきます。
本展は、盆栽(鉢の木)をめぐって繰り広げられたこの物語の多彩なイメージを、能絵や歌舞伎を描いた浮世絵版画をはじめ、版本挿絵や衣装紋様、近現代の絵本まで、さまざまな時代とメディアを通してご紹介するものです。
一つの物語世界が共有され、新たなイメージが生み出されていく、日本の物語文化のダイナミックな展開を、盆栽が主要な役回りを受け持つ「鉢木」物語をめぐって見ていきます。
―――能楽から絵本まで、語り継がれた"決定的瞬間"

【PDF】チラシをダウンロード

【PDF】「鉢木」組上絵の複製模型の写真をダウンロード


●グーグル提供広告