« 二松學舍大学人文学会第112回大会(平成27年12月5日(土)、二松學舍大学 九段1号館 401・403教室) | メイン | 国文学研究資料館「歴史的典籍オープンデータワークショップ~古典籍をつかって何ができるか! じんもんそん2015~」(2015年12月18日(金) 、メルパルク京都 6F会議室、要申し込み) »

2015年11月21日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●2015年度 歌舞伎学会秋季大会・シンポジウム 「劇界の新陳代謝―元禄から今日まで―」(2015年12月12日(土)共立女子大学1208教室、12月13日(日)学士会館203号室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://blog.goo.ne.jp/kabukiga02/e/db0657a086f975bc9a33e9e47d9bae12

--------------------

【一日目は午後から研究発表及び総会、二日目は学士会館に会場を移し午前中に研究発表、午後に「劇界の新陳代謝」と題したシンポジウムを行います。
会員の皆様だけでなく、非会員の方も当日受付でご参加できますので、ご興味のある方は是非足をお運びください。】


§秋季大会プログラム
 
【第1日目】12月12日(土)共立女子大学1208教室(一ツ橋キャンパス本館12階)
受付開始(12:30~) 

 ◇開会 会長挨拶(13:00~)
 ◇研究発表 (13:10~)

 1.「大正・昭和期における義太夫節『博多小女郎波枕』の上演をめぐって」
    早稲田大学演劇博物館 小島智章

 2.「『当秋八幡祭』初演から合巻までの問題点」
    フェリス女学院大学 中村恵

 3.「芝居小屋の構造的変遷と演劇に及ぼした影響三
    ―近世芝居小屋構造の完成(瓦葺きから再びこけら葺きへ)―」
    公益財団法人 文化財建造物保存技術協会 賀古唯義

 ◇第39回総会(16:30~)
 ◇懇親会(17:30~) 於 学士会館203号室


【第2日目】12月13日(日)学士会館203号室
受付開始(9:30~)

 ◇研究発表(10:00~)

 1.「坪内士行と宝塚男子選科」
    早稲田大学演劇博物館 水田佳穂

 2.「福地桜痴試論―『侠客春雨傘』をめぐって―」
    日本学術振興会特別研究員 村島彩加

 3.「一九二六年十月三十一日撮影映像より
    ―七代目松本幸四郎とデニショーン舞踊団―」
    早稲田大学 児玉竜一

 ◇大会企画「劇界の新陳代謝」(13:00~)
今大会二日目には「役者の世代交替」を巡る講演とシンポジウムを開催いたします。
いま、歌舞伎界は何十年かに一度の世代交替の時期を迎えつつあります。
演劇界における世代の交替は、演者、作者、観客を含む、多様な層にわたって起こる出来事です。それは、感覚の変容、作風の変化などとも関わる時代の裂け目ともなります。歌舞伎の歴史をさかのぼるとき、かつての世代交替にともなう新陳代謝はどのようなものであったのか、なにが新しくなったのか、隣接ジャンルにも関心を寄せつつ、世代と時代を捉える枠組みについて考えたいと思います。

 第一部: 講演「役者の世代交替」            
       近藤瑞男(共立女子大学)

 第二部: シンポジウム 「劇界の新陳代謝―元禄から今日まで―」
    近藤瑞男(共立女子大学) 鈴木国男(共立女子大学)
    神山彰(明治大学) 光延真哉(東京女子大学)
    〈司会〉児玉竜一(早稲田大学)

参加費(全日参加、一日参加とも同額)
会員  1,000円
非会員 1,500円

問合せ
kabukiga2014@yahoo.co.jp


●グーグル提供広告