« 柿衞文庫 展覧会 手紙シリーズ3 芭蕉とその門人(平成27年10月31日(土)~12月23日(水・祝)) | メイン | 日本社会文学会 関東甲信越ブロック12月例会(2015年12月12日(土)、早稲田大学戸山キャンパス) »

2015年11月 4日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日本社会文学会 関西ブロック研究例会(2015年11月28日(土)、大阪府茨木市内)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://ajsl.web.fc2.com/meeting-next.html
--------------------

関西ブロック研究例会 NEW!
 
日時:2015年11月28日(土) 午後2時より
話題提供:西田毅氏
「大正デモクラシーを先導した出版文化人―嶋中雄作の場合―」
* 嶋中は大正期から昭和初期の『中央公論』の編集長、『婦人公論』の創刊者、そして中央公論社の社長として活躍。そのリベラルな思想と経営姿勢はやがて軍部の言論弾圧の対象になり、横浜事件で廃刊に追い込まれる。滝田樗陰編集長、麻田駒之助社長と並んで大正デモクラシー期における出版ジャーナリズムの世界で看過できない人物。

参考文献:『中央公論社の八十年』(1965年)
 『出版人の遺文―中央公論社 嶋中雄作』(1968年、栗田書店)ほか。
場所:大阪府茨木市内
*JR東海道線 茨木駅 午後1時30分集合
*関西ブロック会員以外で参加をご希望の方は、世話役の秦重雄まで御連絡願います(連絡先は『日本社会文学会 会員名簿』を御参照ください)。

【HP更新担当より】この例会に関するお問い合わせは、上記、秦重雄氏までお願い致します。


●グーグル提供広告