« 筑波大学、オープンアクセス方針を採択(カレントアウェアネス・ポータル) | メイン | 國學院大學国語研究会 平成27年度後期大会(平成27年12月5日(土)、國學院大學渋谷キャンパス 1303教室 ) »

2015年11月21日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●サンリツ服部美術館・特別展 和歌と物語の美のかたち(2015年11月21日(土)―2016年1月31日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.sunritz-hattori-museum.or.jp/schedule/main.html

--------------------

会期
2015年11月21日(土)―2016年1月31日(日)
前期:11月21日(土)―12月20日(日)  
後期:1月4日(月)―1月31日(日)
開館時間
9時30分-16時30分
休館日
祝日を除く月曜日、2015年12月21日(月)-2016年1月3日(日)
ただし、1月4日(月)は開館
入館料
大人1000(900)円 小中学生600(500)円 *(  )は団体20名様以上の料金

【このたびサンリツ服部美術館では、美術品を通じて伝えられた文芸の世界をご紹介いたします。
かつて人々は、三十一文字に豊かな世界観を集約させた和歌や、「伊勢物語」「源氏物語」といった古典文学を、屏風や絵巻に描き、楽しみました。調度品として室内を区切る屏風や、手に取って開いてみる絵巻、愛用する茶道具など、身近なところに文学の世界が広がっていたのです。
本展では、そうした和歌や物語を描いた優品が一堂に会します。歌仙・大中臣能宣を描いた「三十六歌仙絵巻断簡」、真言宗の開祖である空海の生涯の事跡を描いた「弘法大師伝絵巻」、かつての職人の姿を歌とともに伝える「東北院職人歌合絵巻」のほか、千利休が返礼に雁をもらったというエピソードを持つ黒楽茶碗「雁取」も見どころです。
いにしえから現在に至る貴重な美術品の数々を通じて、人々の憧れがこめられた、和歌と物語の世界をお楽しみください。】

主な出品作品
重要文化財「佐竹本三十六歌仙絵巻断簡 大中臣能宣像」鎌倉時代 13世紀
重要文化財「上畳本三十六歌仙絵巻断簡 大中臣能宣像」鎌倉時代 13世紀
重要文化財「弘法大師伝絵巻」鎌倉時代 13世紀 
重要文化財「尊意参内図」鎌倉時代 13世紀
長次郎作「黒楽茶碗 銘 雁取」桃山時代 16世紀 
「東北院職人歌合絵」桃山時代 16世紀
「源氏物語図屏風」桃山-江戸時代 16-17世紀
「伊勢物語屏風」江戸時代 17世紀


●グーグル提供広告