二松學舍大学人文学会第112回大会(平成27年12月5日(土)、二松學舍大学 九段1号館 401・403教室)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.nishogakusha-u.ac.jp/news/jinbun112_2.htm

——————–
【なお、会員以外の方の参加も歓迎いたします(事前申し込み不要)。参加費等はございません。
皆様方のご来聴をお待ちしております。】
日   時  平成27年12月5日(土)13:30~(開場13:00)
会   場  二松學舍大学 九段1号館 401・403教室
日   程
受付 13:00~ 1号館 4階エレベーター前
研究発表 13:30~14:45
第Ⅰ会場(401教室)
政治から遠ざかる「私小説」
 ― 三浦哲郎『忍ぶ川』受容に見る1960年の「文学場」
本学文学部 国文学科 4年 伊豆原潤星
『古今和歌集』における「ほととぎす」詠について
本学大学院 文学研究科 国文学専攻博士前期課程 2年 渡辺香苗
第Ⅱ会場(403教室)
洪邁の経書解釈について ― 游酢の言説を巡る朱熹との差異 ―
本学文学部 中国文学科 3年 桜井亮介
『東坡書伝』の研究 ― 明徳慎罰について ―
本学大学院 文学研究科 中国学専攻博士前期課程 2年 早川桂央
講演会 15:00~16:00(401教室)
いま、この場所から、小説を書くこと
作家 柴崎友香氏
総  会 16:10~16:25(401教室)
懇親会 17:00~(1号館 11階会議室)