« 国際日本文化研究センター(日文研)がTwitterの公式アカウントを運用開始 | メイン | 財務省 教職員3万7000人削減要請の構え(NHKニュース)【 公立の小中学校の教職員の定数について】 »

2015年10月24日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●大日本印刷株式会社、東京大学出版会、丸善株式会社、大学教員の授業スタイルにあわせたオリジナル教材の制作、出版、販売・流通を共同で行うことを目指す「大学・大学教員向け教材開発支援サービス」の開始を発表(カレントアウェアネス・ポータル)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【2015年10月23日、大日本印刷株式会社、東京大学出版会、丸善株式会社は共同で「大学・大学教員向け教材開発支援サービス」を開始することを発表しました。

これは、大学の教員の授業スタイルに合わせ、オリジナル教材を、紙・電子の媒体を問わず、提供するもので、教材として有効な図書や学術論文、ウェブサイトの情報などを活用し、

・教材の制作・流通のためのシステム開発(大日本印刷)
・教材編集(東大出版会)
・教材制作とそれに関連する著作権処理(丸善)

と、コンテンツの獲得から制作、出版、販売・流通までを3者で担い、印刷物や電子の教材として提供するものとのことです。】
つづきはこちらから。カレントアウェアネス・ポータル。
http://current.ndl.go.jp/node/29743


●グーグル提供広告