« 『海外平安文学研究ジャーナル 3.0』をパスワードなしで公開(鷺水亭より) | メイン | 早稲田大学・2015年度多元文化学会 秋期講演会、渡辺美季(東京大学大学院総合文化研究科准教授)「近世琉球の自意識と中国・日本」(2015年10月31日(土)13:30~15:00、36号館382教室) »

2015年10月 1日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●世界の名作を読み直す~心がゆれる文学作品について語り合う夕べ~小池昌代・芳川泰久・中村邦生トークライブ(ジュンク堂書店Podcast)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【詩人・小説家として活躍し、「池澤夏樹個人編集日本文学全集」では百人一首の現代語訳に挑んだ小池昌代。フランス文学や文芸批評を専門とし、小説家の角田光代とともに『失われた時を求めて全一冊』を翻訳したことでも話題の芳川泰久。新刊『はじめての文学講義』をはじめ文学を講じつつ作家活動も展開し、多くのアンソロジーを編んできた中村邦生。3人の「文学の目利き」たちが、古今東西の文学名作を取り上げ、その魅力、現代において読み返すことの意義を語り合う。『小説への誘い――日本と世界の名作120』(大修館刊)において、紫式部から村上春樹まで、『秘密の花園』から『百年の孤独』まで、幅広く名作の精髄を紹介した3人が再び結集、今こそ読みたい文学について熱いトークを展開する。】
つづきはこちらから。ジュンク堂書店Podcast。
http://junkudo.seesaa.net/article/426989370.html


●グーグル提供広告