« 岩瀬文庫展示図録『江戸の美味しさ召し上がれ ~素晴らしき料理本の世界~』 | メイン | 各国立大学の第3期中期目標・中期計画の素案(平成27年6月)(平成27年10月13日時点)(文部科学省) »

2015年10月22日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●シンポジウム「東洋学・アジア研究の新たな振興をめざして」Part III (2015年12月19日(土)、東京大学法文2号館1番大教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.tohogakkai.com/kyogikai-sympo.html

--------------------

※上記サイトに趣意書・要旨あり

シンポジウム「東洋学・アジア研究の新たな振興をめざして」PART Ⅲ
日時:2015年12月19日(土)13時30分~17時
会場:東京大学法文2号館1番大教室 (文京区本郷)
開会挨拶:池田知久(東京大学名誉教授、東洋学・アジア研究連絡協議会会長
総合司会:堀池信夫 (筑波大学名誉教授)

報告:
水島 司(東京大学大学院教授)
「歴史地理情報システムとアジア研究」

小島 毅(東京大学大学院教授)
「東アジア海域文化交流」

下田正弘(東京大学大学院教授)
「東洋学の新使命―アジアからデジタル・ヒューマニティーズへ発信する―」

斎藤 明(東京大学大学院教授)
「文科大臣通知の衝撃―日本学術会議の対応と東洋学・アジア研究の近未来像―」

予約不要・入場無料


●グーグル提供広告