著作権保護対象でない絵の所有者に無断で複製を公開しても不法行為にはならない(BLOGOS。町村泰貴氏)

【大阪地判平成27年9月24日(判決全文PDF)
事案は簡単で、江戸時代の錦絵の所有者が、その掲載や展示などから料金を徴収して商売をしていたところ、許諾済みの写真を許諾を得ないで複製した被告がこれを公表したので、不法行為だと言って損害賠償を請求したのである。
著作権の保護対象ではないので、著作権侵害は成り立たない。
また、所有権侵害と主張しているが、所有権の対象となる錦絵と無体物たるその情報との区別が付いていないとして、一蹴されている。
注目できる部分は、商慣習に反して違法だという主張についてだ。】
つづきはこちらから。BLOGOS。
http://blogos.com/article/139463/