« 小野健吉著『日本庭園の歴史と文化』(吉川弘文館) | メイン | 波戸岡旭 句集『湖上賦』(ふらんす堂)・句集『惜秋賦』(ウエップ) »

2015年10月 9日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東文研・ASNET共催セミナー【第127回】 ある学術領域の消滅を食い止める手段としての国際ネットワーク構築(2015年 10月 29日(木)、東京大学 東洋文化研究所 1階 ロビー)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.asnet.u-tokyo.ac.jp/node/7945

--------------------

【日時 / Date】  
2015年 10月 29日(木) 17:00-18:00
Oct 29 (Thu), 2015, 5:00-6:00 p.m.

【会場 / Venue】  
東京大学 東洋文化研究所 1階 ロビー
Ground Floor, Institute for Advanced Studies on Asia, The University of Tokyo

【報告者】  
佐藤将之氏 (台湾 国立台湾大学 哲学系教授)
Masayuki Sato, Professor, Department of Philosophy, National Taiwan University, Taiwan

【題名 / Title】  
ある学術領域の消滅を食い止める手段としての国際ネットワーク構築:日本における中国思想研究領域での試みを例として
A Construction of Scholarly Network as a means for Preventing Disappearance of a Research Field: The Scholarly Field of Chinese Thought in Japan as a case of my Effort

【要旨 / Abstract】
日本における過去20年の「人文学研究の衰退」といわれる現象の中で、その凋落が特にいちじるしく、かつ近い将来にその消滅が予測される分野のひとつが「中国思想研究」である。本報告では、日本でかつて隆盛を誇ったこの研究分野がどうして今日の衰亡に至り、また報告者がその消滅を食い止めるために行っている試みを「国際ネットワーク」をキーワードとして説明してみたい。

During the decline of humanities research in Japan over the past twenty years, studies related to Chinese philosophy are especially in danger of physical extinction (i.e., the elimination of researchers) in the upcoming few decades. Chinese philosophy was once a very popular research field in Japan for over a century until the 1980s. If so, why has it declined so rapidly? Is it necessary to restore this field, and if so, how? I would like to talk about my own experience and efforts to revitalize this research field by means of constructing an international scholarly network of Chinese philosophy.

※ 報告は日本語で行われます。
  The seminar will be held in Japanese.


●グーグル提供広告