« 第7回時代考証学会シンポジウム「明治・大正・昭和を考証する-時代考証の現場から-」(2015年11月14日(土)、明治大学駿河台校舎1012教室(リバティタワー1階)) | メイン | 著作権保護対象でない絵の所有者に無断で複製を公開しても不法行為にはならない(BLOGOS。町村泰貴氏) »

2015年10月19日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●まだ白手袋で本さわってるの? : 古典籍と手袋にまつわるエトセトラなメモ(egamiday 3)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【長野県短大:学園祭で「和書喫茶」 古書を気軽に楽しんで - 毎日新聞
 http://mainichi.jp/select/news/20151018k0000m040026000c.html

 古典籍(以下、和装本、和本、貴重書等いろいろ)を手袋で取り扱うという類の報道写真・映像があとをたたず、時折思い出したように、あれはダメだ、え、ダメなの、ダメだよ、的な話が軽くこんがりします。あるいはその逆(素手じゃん、素手でいいんだよ、え、いいの)も。

 私は、古典籍資料の類を取り扱う際に、手袋などせずに素手で(よく洗った上で)取り扱う派です。そしてそれが正しい方法だろうと考えている派です。
 まず、そもそも「手袋をしましょう」なんてこと習ったことがないし。】
つづきはこちらから。egamiday 3。
http://egamiday3.seesaa.net/article/428072365.html


●グーグル提供広告