« 東京文化財研究所無形文化遺産部 第10回公開学術講座「邦楽の旋律とアクセント-中世から近世へ-」(2015年12月18日(金)、東京国立博物館平成館大講堂) | メイン | 高知県立美術館 第4展示室 コレクション・テーマ展「没後50年 山本昇雲展」(2015年10月21日(水)~12月20日(日)) »

2015年10月21日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●うらわ美術館 ギャラリーABCD 次回展「縫い―その造形の魅力」(平成27年11月14日(土)~平成28年1月17日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.uam.urawa.saitama.jp/news.htm
--------------------

次回展のお知らせ

縫い―その造形の魅力

針と糸で形づくられる裁縫や刺繍。今まで〈美術〉の枠組みで紹介される機会はなかなかありませんでした。服飾資料の一部など、たいていは脇役に配されてきたのではないでしょうか。しかしながら、国宝である「天寿国繍帳」や「刺し子」のような民俗文化財、あるいは印象派の画家たちをも惹きつけた豪華な「着物」などを想起すれば、それらが造形として大いなる存在感を示していることがわかります。刺繍のもつ絵画性、裁縫によって生みだされる面や空間、それを支える高度な技術と合理的かつ創造的な精神は、様々な縫いものから見いだすことができます。
他方、「縫い」の領域は伝統的に女性たちが担ってきました。そこには、独特な生命感と伝承性、素朴な生活感情が豊かにあるいは切実に表されてもいます。

本展では、さいたま市が所蔵する愛らしい裁縫雛形を端緒として、リズミカルな刺し子や模様刺し、表と裏で表情を変える粋な羽織、物語性あふれる刺繍など、繊細でありながら大胆な縫いの造形を展示します。さらに、現代のアーティストによる多彩な表現を紹介します。インスタレーション、オブジェ、布絵、ドローイング、お細工物など、それぞれから深遠なメッセージが伝わってきます。改めて「縫い」の造形の魅力にご注目ください。

▼開催情報

会期
平成27年11月14日(土曜日)~平成28年1月17日(日曜日)

開館時間
午前10時から午後5時まで 、土曜日・日曜日のみ午後8時まで(入場は閉館30分前まで)

休館日
月曜日(ただし11月23日、1月11日は開館)、
月曜日が祝日の場合はその翌日(11月24日、1月12日)、年末年始(12月27日~1月4日)

会場
うらわ美術館 ギャラリーABCD

観覧料
一般820円(650円)、大高生510円(400円)、中小生200円(160円)
*( )内は20名以上の団体料金
*障害者手帳をお持ちの方及びその付添いの方1名は半額
*観覧済み有料観覧券を提示すると、「リピーター割引」として団体料金で観覧できます(観覧日から1年以内、1名様、1回限り)

主催
うらわ美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会

協賛
ライオン、清水建設、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網

後援
NHKさいたま放送局、テレ玉、FM NACK5、REDS WAVE、埼玉新聞社


●グーグル提供広告