千代田区立図書館・大妻女子大学国文学会連携、講演会「宮沢賢治が歩いた東京 ―『東京』ノートでたどる軌跡―」【杉浦静氏】(2015年11月24日(火曜日)、千代田図書館9階)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20151009-17225/

——————–
【宮沢賢治は、東京の町歩きの中でたくさんの短歌や詩を作りました。東京を描いた作品を集めた「東京」ノートをもとに、賢治が歩いた東京について紹介します。
宮沢賢治は、生涯に9回東京を訪れました。東京滞在は数日から数カ月まで長短はありましたが、このうち4回は現在の千代田区に宿を取っています。ここを拠点にして当時の東京のさまざまな盛り場、図書館、博物館などを歩き回り、また、ドイツ語やエスペラント語の講習会などにも通っていたのです。東京の町歩きの中で、たくさんの短歌や詩(心象スケッチ)が作られました。ともすれば、イーハトープの自然をうたい、自然と交感した詩人・童話作家と言われることの多い宮沢賢治ですが、彼は東京という都市をどのように歌ったのでしょうか。東京を描いた作品を集めた「東京ノート」をもとに、賢治の東京を一緒にたどってみましょう。】
日時 2015年11月24日(火曜日)午後7時~8時30分(午後6時30分開場)
場所 千代田図書館9階=特設イベントスペース
定員 40名/事前不要、先着順、立見可
参加費 無料
講師 杉浦静氏(大妻女子大学文学部教授)
主催 大妻女子大学国文学会/千代田図書館
杉浦静氏
大妻女子大学文学部教授、前宮沢賢治学会イーハトープセンター代表理事。1952年生まれ、東京教育大学大学院修了東京都立豊多摩高校、佛教大学を経て現職