« 新規採用の非常勤講師の更新回数制限をめぐる関西圏の大学の動向(全国国公私立大学の事件情報) | メイン | 札幌市西岡図書館・講演会、田中幹子氏「額田王の歌の力」(平成27年11月12日(木) 、西岡図書館 2階会議室) »

2015年10月31日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●静嘉堂文庫美術館・リニューアルオープン展 第一弾「金銀の系譜-宗達・光琳・抱一をめぐる美の世界-」展(2015年10月31日〜12月23日)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://seikado.or.jp/exhibition/

--------------------

■休館日:月曜日(ただし11/23は開館、翌24日休館)

■開館時間:午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

■入園料:一般1,000円 大高生700円 中学生以下無料(一般・大高生は20名以上団体割引あり)

国宝 俵屋宗達「源氏物語関屋・澪標図屏風」、重要文化財 尾形光琳「住之江蒔絵硯箱」が、このたび長い修理を終え静嘉堂に戻ってきました。今回、それぞれの代表作として名高いこの2点の新たな装いを修理後初披露するとともに、宗達・光琳・抱一にまつわる書画工芸の数々を一堂に展示いたします。
新しい展示空間で、静嘉堂でしか見ることのできない極上の美の世界を、この機会にぜひご堪能ください。

※ 会期中、作品の展示替をいたします


●グーグル提供広告