茂木本家美術館 企画展「広重 日本の旅-広重さん ほんとにこんな旅したの?!-」展(平成27年10月21日(水)~12月6日(日))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.momoa.jp/exhibition1.html
——————–
企画展
「広重 日本の旅-広重さん ほんとにこんな旅したの?!-」展
平成27年10月21日(水)~12月6日(日)
歌川広重は葛飾北斎とともに浮世絵風景画を代表する絵師で、風景画の作画量は北斎を凌ぐものがあります。記念切手にもなった代表作の《東海道五拾三次の内》、ゴッホが油絵で模写をした作品が含まれる《名所江戸百景》など多くの名作を描きました。
広重は東海道や江戸以外にも日本全国の風景を描いています。最晩年のシリーズ《六十余州名所図絵》では東北から九州まで各地の風景を描いています。京、大阪や近江など関西の風景も多く描きました。本展では《六十余州名所図絵》を中心に、広重の描く抒情豊かな日本各地の風景を展示致します。