« 大阪歴史博物館 特別展「唐画(からえ)もん-武禅に閬苑、若冲も」(平成27年10月31日(土)~12月13日(日)) | メイン | 郵政博物館 企画展「年賀状展」-郵便年賀の歴史やまつわるあれこれ-」・併催「郵政博物館の歴史」(平成27年11月21日(土)〜平成28年1月11日(月・祝)) »

2015年10月15日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●千代田図書館9階展示「業務資料から見る千代田図書館の歴史展 関東大震災前後の東京市立図書館」(2015年10月26日(月)~2016年1月23日(土))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20151014-17246/
--------------------

業務資料から見る千代田図書館の歴史展
関東大震災前後の東京市立図書館

明治20年、千代田図書館の前身である大日本教育会附属書籍館しょじゃくかんが、現在の千代田区一ッ橋に開館しました。その後、現在の千代田図書館となるまでの約130年の間には、東京市、千代田区への運営母体の変化や、幾度かの館名変更がありましたが、いつの時代も子どもから大人まで多くの人々に利用されてきました。
この展示では、千代田図書館に残る大正から昭和初期の業務日誌や写真などを通して、東京市立だった頃の千代田図書館について前期・後期にわけて紹介します。当時の業務資料や記録からは、皆さんの利用している公共図書館とは異なる図書館の姿が見えてきます。公共図書館の歴史の一場面をご覧ください。

【前期】一橋図書館と震災 2015年10月26日~12月15日
震災前後の東京市立一橋ひとつばし図書館に焦点を当てます。公共図書館の創成期に東京市立図書館の中心的な役割を担った一橋図書館は、大正12年に関東大震災で焼失しました。被災時の様子や、復興への道のりを紹介します。

【後期】駿河台に完成した復興図書館 12月16日~2016年1月23日
昭和5年に開館した東京市立駿河するが台だい図書館に焦点を当てます。震災の教訓を踏まえて完成した時代の先端をゆく建物や設計から、当時どのように図書館が利用されていたのかを具体的に読み取ります。

会期 2015年10月26日(月曜日)~2016年1月23日(土曜日)
場所 千代田図書館9階=展示ウォール
主催 千代田区立千代田図書館
協力 奥泉和久氏、小黒浩司氏、小林昌樹氏、鈴木宏宗氏、西村彩枝子氏、吉田昭子氏(一橋・駿河台図書館業務資料研究会)

関連講演会
「業務資料から見る千代田図書館の歴史展」関連講演会


●グーグル提供広告