« 劇団 貴社の記者は汽車で帰社 十周年記念公演『源氏物語』(2015年11月22日(日)・23日(月・祝)、築地本願寺ブディストホール) | メイン | 第39回 国際日本文学研究集会(平成27年11月14日(土)・15日(日)、国文学研究資料館2階大会議室) »

2015年10月 7日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第9回 明星研究会 <シンポジウム>(2015年11月29(日)、日比谷コンベンションホール ※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.myojo-k.net/?p=486
--------------------

第9回 明星研究会 <シンポジウム>

近代の詩歌は、西洋詩の翻訳から多くの栄養を吸収してきました。わけても上田敏の翻訳詩集『海潮音』(1905年)と象徴主義の紹介は、詩人歌人に大きな影響を与えています。カール・ブッセ、マラルメ、ボードレール、ヴェルレーヌといった詩人の詩は、のちに多くの日本人の心にも植え付けられ、「秋の日の ヴィオロンの ためいきの 身にしみて ひたぶるに うら悲し」の、ヴェルレーヌの詩「落葉(秋の日)」は殊に有名です。
『海潮音』に先んじる森鴎外を中心とする『於母影』(1889年)、フランス新進詩人に挑んだ与謝野寛の『リラの花』(1914年)、そして寛主宰の雑誌「明星」から出発した北原白秋や木下杢太郎も、さまざまな形で影響を受けたのでした。その周辺にあった永井荷風、高村光太郎、堀口大学も忘れることはできません。
翻訳詩に西欧の香りと美を見出し、想いを傾けた100年前の詩人たちについて、今あらためて考えてみたいと思います。
多くのご参加を心待ちにしております。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

●日時● 2015年11月29(日)13時30分~16時40分 (13時 開場)
●場所● 日比谷コンベンションホール
 (千代田区日比谷公園1番4号【旧・都立日比谷図書館B1】
 (このサイトの下にある地図を参照してください)
●会費● 2,000円(資料代含む) 学生1,000円(学生証提示)●定員● 200人

●内容●
Ⅰ 13:30 開会挨拶 西川 恵(毎日新聞社客員編集委員)
Ⅱ 13:30 ~14:20
 第1部 講演「ボードレールと日本の近代詩」 酒井 健(法政大学教授)Ⅲ 14:20 ~14:40 休憩
Ⅳ 14:40 ~16:40
 第2部 ミニ講演&パネルディスカッション
 「翻訳詩、あたらしき言葉の輝き~鴎外・寛・白秋・杢太郎」
 坂井修一(歌人・「かりん」編集人)  渡 英子(歌人)
 丸井重孝(歌人・伊東市立木下杢太郎記念館) 酒井 健
 司会:松平盟子(歌人)
Ⅴ 16:40 閉会挨拶 平出 洸(平出修研究会主宰)
 総合司会:古谷 円

●申し込み●「明星研究会」事務局あて。
ネット上での受付は11月27日(金)まで(先着順)。
宛先メールアドレスはapply(at)myojo-k.net です。
申し込みの送信をされる際には、
(イ)上記アドレスの(at)を半角の @ に変えてください。
(ロ)メールの件名は、「明星研究会申し込み」とご記入いただき、
(ハ)メールの本文に、お名前と連絡先住所、電話番号をご記入ください。
(二)ご家族同伴の場合はご本人を含めた全体の人数も添えてください。
なお、当日は空席次第で会場でも直接受け付けます。

●終了後懇親会●4,000円程度(場所は当日お知らせいたします)

<主催>明星研究会 http://www.myojo-k.net/ <世話人> 平出 洸
<協力>伊東市立木下杢太郎記念館・国際啄木学会・堺市:文化学院・与謝野晶子倶楽部

日比谷コンベンションホール 周辺マップ
【日比谷図書文化館(旧・都立日比谷図書館)地下一階】
・東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」 B2・C3出口より 徒歩約5分
・都営地下鉄 三田線「内幸町駅」 A7出口より 徒歩約3分
・東京メトロ千代田線・日比谷線「日比谷駅」 A14出口より 徒歩約5分
・JR「新橋駅」日比谷口より 徒歩約10分


●グーグル提供広告